【お絵かき配信】どれがおすすめ?イラスト作業配信向け動画共有サイト【2020年最新版】

お役立ち情報
この記事は約6分で読めます。

イラストや漫画を制作している模様を動画共有サイトの配信機能を使って公開するイラスト作業配信は、多くのイラストレーターや漫画家が行っています。

目的は、商品の宣伝やパーソナルブランディング、さぼり防止対策など個々人により様々ですが、多くの人々との交流を深めることができるので、とても楽しいのが特徴です。

そこでこの記事では、イラスト作業配信ができる動画共有サイトをご紹介していきたいと思います!

イラスト作業配信ができる動画共有サイト

pixiv SKETCH LIVE【報奨金あり】

pixiv Sketch(ピクシブ スケッチ)とは、pixivアカウントで利用できるお絵かきアプリで、落書きや途中のイラスト、デッサンなどを気軽にシェアすることができます。

パソコン以外にiOS/Androidアプリでもライブ配信ができるので、スマホやタブレットでどこでも配信できるのが特徴です。

デジタル作画ではなく、アナログ作業もスマホやタブレットのカメラで簡単に配信が行えます。

自動的にログインしているpixivアカウントに紐づけされる

配信を開始するには、任意のサムネイル(設定しない場合は配信中のキャプチャ)とタイトル、その他機能の設定をして「配信スタート」を押すだけです。

最大で4人まで同時にライブ配信することもできるため、コラボ配信がしやすいのも嬉しいポイントです。

また、年齢制限も設定できるので、少しエッチなイラストや成人向けの作品も作業配信することができます。

pixiv SKETCH LIVEには、「報奨金」制度があり、毎月配信者が行ったライブの評価に基づいて算出された金額が配信者へリワードとして支払われます。

pixiv Sketch - お絵かきコミュニケーションアプリ
日々のお絵かきを手軽に楽しめるお絵かきコミュニケーションアプリ。落書きや描きかけの絵も気軽にシェア、いつでもどこでもお絵かきを楽しめます。

FC2ライブ

FC2ライブは、配信で獲得したポイントを換金できるサービスで、番組の配信者は内容に応じて任意の視聴料金を設定することができます。

もちろん、無料で配信することもできるので、より多くの視聴者を獲得したい場合は無料で設定するといいと思います。

このサービス独自機能として「2ショットライブチャット」という1対1(配信者と視聴者)で配信できるものがありますが、ほぼ開催されていないようです。

ちなみに、FC2ライブの決済方法は下記のとおりです。

  • クレジットカード決済(VISA/Master/JCB)
  • 電子マネー決済
  • 銀行振込決済
  • ペイジー決済
FC2ライブ

YouTube

YouTubeとは、Google LLCが提供する世界最大規模の動画共有サービスで、ライブストリーミング機能もあるため、イラスト作業配信に利用しているユーザーも多い印象です。

YouTube LIVEでは、一定のチャンネル登録者数を超えると広告が挿入できたり、投げ銭機能であるSuper Chat(スーパーチャット)を取り入れることで収益化できます。

また、YouTubeチャンネルメンバーシップという視聴者が一定料金を毎月支払うことでそのチャンネルのチャンネルメンバーとなり、限定コンテンツを利用できる仕組みもあるため、非常に収益性がいいと言えるでしょう。

ただ、著作権侵害やガイドライン違反などに厳しく、原因不明のライブストリーミング停止など、トラブルも多いため、イラスト配信を行う際は性的描写などに気を使う必要があります。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ニコニコ生放送

カテゴリ別に検索しやすいようになっている

ニコニコ生放送とは、niconicoがサービス提供を行うライブ配信サービスで、視聴者が送信したコメントが配信画面に流れる仕様が特徴的です。

niconicoの投稿作品に対して奨励金を支払う制度の「クリエイター奨励プログラム」に配信した番組を登録すれば、人気度に応じてクリエイター奨励スコアが付与され、溜まったスコアを現金やニコニコポイントに交換することができます。

このクリエイター奨励プログラムに登録できるのは、配信終了後24時間以内なので、注意が必要です。

あた、クリエイター奨励スコアが付与される番組は、第三者の著作物の権利を侵害していないなどの条件があるため、予め確認しておきましょう。

比較的収益化のハードルが高いYouTubeライブと比べると、収益化しやすいため、配信初心者向けともいえるのではないでしょうか?

ニコニコ生放送

Twitch

Twitchとは、Amazon.comがサービス提供するゲーム実況プラットフォームで、毎月1億人以上が視聴する超大手ライブ配信サービスです。

ゲーム配信に特化しているサービスですが、イラスト作業配信をしている人も稀にいます。

Twitchもチアーという投げ銭機能やサブスクライブ(スポンサー契約)できるシステムがあるため、収益性はいいと思います。

また、YouTubeライブよりも収益化するためのハードルが低く、下記の条件を満たすことで収益化することができます。

  • 過去30日間で合計500分以上の配信
  • 過去30日間で7日以上の配信
  • 過去30日間で平均3人以上の同時視聴者
  • 50人以上のフォロワー
Twitch
Twitch is the world's leading video platform and community for gamers.

ひまわりストリーム

ひまわりストリームとは、シップにより設立されたライブ配信サイトで、姉妹サイトとしてはひまわり動画があります。

利用料金は無料で、時間無制限でライブ配信することができ、ニコニコ生放送のように画面上にコメントが流れる仕様になっています。

ユーザー数はあまり多くなく、過疎っぽい印象を受けますが、ひっそりとライブ配信をしたいという方におすすめです。

ひまわりストリーム 生放送ができるライブ配信サイト
誰でも簡単に生放送を無料・高画質で配信できるライブ配信サイト

TwitCasting

TwitCastingとは、モイ株式会社がサービス提供するライブ配信サービスで、通称「ツイキャス」「CAS」などで親しまれています。

あまり高画質で配信することはできませんが、手軽で簡単に配信することができ、Twitter・Facebook・Instagramのアカウントと同期する形で登録することができます。

配信時間は原則1回30分と制限があり、30分経過すると自動終了となります。(視聴者から贈られるコンティニューコインを5枚使用することで最大4時間まで延長できます)

配信した時間と視聴者数によりレベルが上がっていき、レベルが上がるにつれて使用できる配信モードが増えるため、RPG感覚で遊ぶことができます。

ツイキャス - ライブでつながるコミュニケーション・サービス
ツイキャス - ライブでつながるコミュニケーション・サービス

まとめ

イラスト作業配信は、非常に楽しく、同時に人気になれば収益化も見込めるので、一石二鳥です!

ぜひ、お絵かきしながら配信してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました