【NFT】イーサリアムとポリゴン(MATIC)の違いとは?

暗号資産(NFT)
この記事は約5分で読めます。

最も有名なNFTに使用されるブロックチェーンの一つにイーサリアムがあります。

数多くのNFTマーケットDapps(Decentralized Applications)の基盤として活用されていますが、スケーラビリティ問題というユーザー数が増えたことによる処理遅延や手数料(ガス代)の高騰という問題を抱えています。

そこで、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたプロジェクト(セカンドレイヤー・ソリューション)のひとつとしてPolygon/MATICがあります。

今回の記事では、イーサリアムと Polygon/MATIC の違いについて解説していこうと思います。

イーサリアムとは?

イーサリアムは、ヴィタリック・ブテリン氏により作成された分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称で、現在NFT(非代替性トークン)プラットフォームで最も使用されています。

2021年の第一四半期の売上が約20億ドルを超え、「NFT」がトレンドワードに挙げられるほど日本でも知名度が上がりつつある一方で、アート詐欺に利用されることが少なくないことから批判的な意見もあります。

問題点

イーサリアムのユーザー増加に伴い、スケーラビリティ問題に直面し、NFT(非代替性トークン)を販売する際に発生する手数料(ガス代)が売り上げよりも多く支払っている状態になっており、販売プラットフォームへの出品自体に高いハードルを感じるアーティストが多いようです。

一方で、ほとんどの日本の暗号資産取引所で購入できることからNFTの販売や購入へのハードルが最も低く、簡単に現金化することが可能となっています。

Polygon/MATIC とは?

Polygon/MATIC は、イーサリアムブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題を解決する一つとして注目されており、イーサリアムに接続することでエコシステム(エコシステムはそれぞれの製品からのデータ出力と入力により、全体のITシステムとして連携すること)をサポートするものとなります。

イーサリアムのセカンドレイヤーとして位置する Polygon/MATIC ですが、独立したコンセンサスアルゴリズム(暗号資産(仮想通貨)の基盤技術となるブロックチェーンがブロックを追加する際のルール)であり、独自トークンのMATICも発行しています。

イーサリアムとの違い

Polygon/MATICは、イーサリアムとの互換性がある上、処理速度が速く、さらに低コストでNFTを鋳造・販売を行うことができます。

処理速度の違いは、イーサリアムの場合毎秒10~15件のトランザクション数である一方で、 Polygon/MATICは毎秒6000~7000件を処理することができるため、非常に高速な処理を実現しています。

そのため、手数料も安価で約0.00002ドルと言われています。

今までNFTに興味はあったけれど、ガス代の高騰で出品を見送ってきたクリエイターが Polygon/MATICの登場で参入しやすくなりました。

問題点

Polygon/MATICの問題点は、日本の暗号資産取引所で取り扱いしていないことが多く、調達するためには、海外の暗号資産取引所に口座を開設するか、メタマスクなどのウォレットから購入するしかありません。

そのため、 Polygon/MATICで出品したアートが売れて現金化する際は、一旦ウォレットに入金されたものを海外の取引所へ送金し、日本の取引所でも取り扱っているビットコインやイーサリアムなどの暗号資産へ換えて、現金化する必要があり、非常に手間がかかります。

ただ、多くのNFTマーケットプレイスやNFTゲームが Polygon/MATICへの対応を進めていることから日本の取引所の多くで取り扱いが開始される可能性は高いでしょう。

2021年12月時点での価格

2019年に誕生した Polygon/MATICは2021年に急騰と急落を繰り返しており、12月時点では約2ドル(約230円)となっています。

一時期は2.9ドルにまで急騰し、その後下落しましたが、現在は2ドルあたりに落ち着いています。

今後は、NFTやDapps、DeFiが参入してきていることから価格高騰につながる可能性は高いと予測されています。

購入方法

現時点(2021年12月)では、国内取引所で取り扱いがなく、上場している海外取引所は下記のとおりです。

ただ、これらの取引所は金融庁による認可を受けていないため、トラブルが発生した際は全て自己責任となるため、予めご注意ください。

購入手順は下記のとおりです。

  1. 国内取引所(ビットフライヤーなど)で口座開設
  2. ビットコインやイーサリアムを購入
  3. 上記の海外取引所に口座を開設
  4. 購入したビットコインやイーサリアムでMATICを購入

MATICを使う際は、メタマスクなどプラットフォームが対応しているウォレットのアドレス宛てに送金するだけですが、polygonメインネットに送金するものをイーサリアムメインネットに送金してしまうと多くの手数料を取られる上に、polygonメインネットを使用しているプラットフォームで使えない問題などが出てくるため、送金の際は慎重に行うようにしてください。

まとめ

イーサリアムとポリゴンの違いについて表にまとめてみました。

イーサリアムポリゴン
国内取引所×
手数料高い安い
価格433,582円約230円
主な違い

NFTに触れるのが初めての方やお試しで出品してみたい方は、安価なポリゴンから始められることをお勧めします!

タイトルとURLをコピーしました