【超簡単】CLIP STUDIO PAINTで漫画を描こう!【初心者向け】

CLIP STUDIO PAINT研究所
この記事は約5分で読めます。

CLIP STUDIO PAINTでは、イラストの他に、「漫画」「アニメーション」を制作することができます。

今回は、「漫画」に焦点を当てて詳しく解説していきたいと思います。

漫画制作用紙を作成

「新規」ボタンをクリックすると、上図のような画面が表示されます。

カラーイラストを制作する場合は、「作品の用途」欄のオレンジ色を選択しますが、今回は漫画を制作するので、隣の紫色を選択してください。

すると、「漫画原稿設定」や「作品情報」などを記入する欄が表示されるので、制作する作品の情報を書き込みましょう。(空欄でも作成可能です」

僕は、CLIP STUDIO PAINTEXを使用しているので、「複数ページ」という項目にチェックを入れられますが、PROを使用している方には使用できない機能となります。

「複数ページ」とは、漫画一話又は1作をフォルダにまとめて管理することができ、一覧表示できるので、コマの流れが自然かどうかなどのチェックが行えるメリットがあります。

ただ、ネームをしっかりと完成させていれば不要な機能でもあるので、CLIP STUDIO PAINT PROでも十分に漫画を制作することができます。

なぜ600dpiなのか?

⚠「解像度」は600dpi以上を選択してください。通常、カラーイラストよりも高解像度で制作します。また、「基本表現色」をモノクロに設定するのが基本ですが、ウェブ漫画だとグレーで制作される方もいます。

結論から言うと、印刷機や印刷に使用する製版機の解像度が600の倍数で設定されているので、600または1200dpiで設定しないとスクリーントーンが上手く表示されなくなるためです。

そのため、低解像度で制作したい方はグレーで作成したほうがいいかも知れません(ただし、漫画賞などに投稿する場合は必ずモノクロに設定してください)。

漫画制作開始!

上記の設定をすべて完成させると、このようなレイヤー構成になっています。

このコマは、CLIP STUDIO PAINTに収録されているコマ割り素材を使用しています。

各コマのフォルダを選択すると他の部分が紫色になり、マスク機能がかかります。

フォルダ内にレイヤーを作って描画して枠線からはみ出しても、枠線に線が描かれることはありません。

吹き出しも同じで、枠外に飛び出た不要な部分のカットする時間を短縮することができます。

ただ、僕は線の外も少し絵を描かないと違和感が出てきてしまうと感じているので、自動で作成されたコマフォルダーの下に新規フォルダを作成して、そこにレイヤーを追加して下描きをしています。

コマフォルダー外にレイヤーを作成すると、コマ枠の外でも描けるのがポイントです。

ペンの特徴

カラーイラストと大きく異るポイントは「アンチエイリアス」がオフになっていることです。

モノクロ印刷することを前提に制作するので、背景の色となじませて線を綺麗に見せる「アンチエイリアス」機能を使うと滲んだような線になるので注意が必要でしたが、最近では自動でオフになるようです。

また、入り抜きがしづらく、あまり細いペン先だとそれ以上細くならない限界点も存在するので、最初は戸惑うかも知れません。

600dpiで制作する場合は、ペンサイズを5~7くらいに設定すると入り抜きが表現できて用紙サイズにも合うと思います。(これに関しては人それぞれです)

トーンの貼り方

トーンを貼る方法は、いくつかありますが、上記のやり方がオーソドックスではないでしょうか。

まず、「レイヤー」を選択し、「新規レイヤー」→「トーン」と選択します。

すると、上図のような設定画面が表示されるので、任意に濃度や線数を指定して「OK」を選択してください。

「OK」をクリックした後は、キャンパス前面にトーンが貼られるので、その場で「Deliteキー」を押して消してください。

トーンレイヤーは残ったままなので、塗りたいところにペンツールで描いたり、塗りつぶしたりしてトーンを張っていきます。



グラデーショントーン

グラデーショントーンを作成するには、上図のように「新規レイヤー」→「グラデーション」を選択します。

グラデーションの方向を決めて、レイヤープロパティからトーン化すると完成です。

この方法以外にも、グラデーショントーンを貼り付ける方法もあります。

トーンには様々な種類が存在して、素材をダウンロードできるので、ぜひ探してみてください。

書き出し

完成した漫画を画像ファイルに変換したい場合は、通常通り、「ファイル」→「画像を結合して書き出し」から任意のファイル形式を選んで書き出します。

その際に、印刷する場合を除いて裁ち落としまで書き出すようにします。

ページ全体を書き出してしまうと、漫画が小さくなり、余白が大きくなるので読みづらいページになってしまいます。

まとめ

今回は、以上となります。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました